使わなくなったiphoneを安心買取~比較サイト


    Home > iphoneの買取情報 > 買取前のiphoneを探す機能をオフにする理由について

買取前のiphoneを探す機能をオフにする理由について

 iphoneはスマホの中でも人気の高い機種の1つであり、デザインや機能も進化しており新機種も多く販売されてきています。そのため今まで自分が使用していた物から、新しい機種に買い替えを希望するひとも多いです。では実際に買い替えを行った場合ですが、今まで使っていた機種をどうするか悩む人も多くいますよね。そのまま処分してしまうのはもったいないので、便利な方法として買取を利用する人が多いです。お金で買い取ってもらえるので、捨ててしまうのではないのでとてもお得です。では実際に買取を利用する場合ですが、必ず行わなければならない準備があります。1つはデータのバックアップをとり、初期化を行います。そのほかにiphoneを探す機能を必ずオフにするという準備も必要な作業の1つです。

 バックアップは自分のデータを守るためにも大切な準備の1つですよね。初期化も機種を購入した当初に戻すことで、自分のデータを他の人に知られることを防ぐ事ができる重要な準備になります。ではなぜiphoneを探す機能をオフにするかですが、これは次に購入した人への配慮や手続きに関係がする準備になります。まず手順としてiphoneを探す機能は、必ず初期化を行う前にオフにしておくという点があります。このiphoneを探すの機能をオンにした状態で初期化をした場合、次に使用する人が初期設定する時にあなたのIDとパスワードが必要になってしまうからです。逆に言うとオフにしてから初期化することで、次に新しく購入した人が初期設定する時は、新しく購入した人が新たにIDとパスワードを設定して使用できるということになります。

 これはiphoneだけが持つ機能になりますが、なぜこのような設定になっているかが気になりますよね。これは盗難などの防止に役立つ機能になっています。もし自分のiphoneを落とした時や盗まれた時ですが、盗んだ相手はデータを初期化して自分で使用しようとします。普通のスマホであれば初期化すればデータは初期化されるので、盗んだ人がそのまま使用し続けることも可能です。ですがiphoneを探す機能がオンの状態で初期化されると、新しく使用しようとしてもIDとパスワードは初期化されないので盗んだ人がかってに使用することが出来ません。便利な機能ですが、買取を利用する場合は必ずオフにしてから初期化が重要といえます。その為、iphoneを探す機能をオンの状態のまま買取を依頼した場合は、店舗側から拒否されるので自分でも注意が必要といえますね。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP